RECENT STORY – 11/14

INTRODUCTION

伴侶として完璧なバランスで創造された
神の最高傑作、ねこさま たち。

西の際に三日月輝く、逢魔時の 神々の国アースガルズ ———

各層へつながる世界樹の根をつたい情報を運ぶ、うわさのリス。
ふだんは、早朝に出発して、昼に到着し、夜に戻ってくるところ、この日は翌朝までに届けるものがあり、特例な夜行配達でした。

——— そのリスを目撃した、とあるねこ氏。

いつもいっしょについてくる「ビビリなのに好奇心旺盛な相棒」が、今日はお留守番だったので、ひとりでのパトロール中の出来事でした。
この稀有な機会を おみやげ話 にすることをひらめきました。
そして、リスの追跡調査がはじまります。

いつも安全圏にとどまる相棒さんが、この日に限っていなかったこと……
夜時間が短い季節だったこと……
と、ちょっとした「いつもと違う要素」が重なり
今日までとは違う未来へ決定づけるトリガーをつくりだしました。
きまぐれな彼が飽きるよりも先に、
太陽が世界の底にある「真夜中」のスイッチを押すことになったのです。

世界中に真夜中成分さんたちが放たれ、魔法をかけます。
学者は、身の内の洞窟に入り
音楽家には、未知の名曲がながれ
悩める者は、自ら、有りもしないぬかるみにはまる。
そして、ねこ氏は「走ることに理由などない」トランス状態へと……

ちいさな好奇心に油を注がれ、一心不乱に漆黒の一本道を走り続けていくのでした。

不具合発見! つづきはのちほど (ะ゚ω゚)ノ